漢方のすすめ

漢方医学では、鼻や皮膚の病気であっても、病気になっている部分だけを診るということはなく、体質や個人差を重要視して、身体全体を総合的に診て診断(証をとるといいます)が行われます。医師は患者さんの様子を観察し、質問したりしながら、その人の抵抗力・体力等も診て「虚」「実」「寒」「熱」等の漢方医学的な診断を行い証を決めて行きます。

証が決まると使用される方剤が決まり治療が行われます。その際用いられるのが漢方製剤です。漢方製剤は天然の生薬を使用しています。一つの方剤は数種類の生薬で構成されているので、多くの成分を含んでいます。そのため様々な効果が期待でき、ひとつの方剤で色々な病状に対応できるケースが多いという利点があります。また、漢方医学は証に合わせた物理療法である鍼灸も重要な構成要素です。生薬 と物理療法の双方を併用することで、様々な症状に対応できます。

漢方医学は2000年以上の長い歴史と豊富な経験に裏付けされた治療方法で、現在では、西洋医学で対応しきれない分野を漢方医学が補いながら、各医師が上手に治療方法を使い分けるようになってきています。

診療の多い疾患

  • 胃腸障害(腹痛、下痢、便秘)、慢性肝炎
  • 高齢者の老化に伴う種々の症状(前立腺肥大、しびれ、膝痛など)
  • アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、蕁麻疹など)
  • 高血圧、糖尿病など生活習慣病
  • 不妊症、習慣性流産などの産科疾患
  • 風邪をひきやすい、おなかを痛がるなどの虚弱児童
  • 月経不順、月経痛、冷え症、更年期障害などの婦人科疾患
  • 癌や膠原病などに伴う様々な体の不調や体力低下
  • 心身症、自律神経障害、神経症など
  • 新型コロナウイルス感染症の後遺症

「治すのは患者さんの体」

慶應義塾大学病院漢方医学センター診療部には、乳児から高齢者まで老若男女を問わず受診されています。患者としては上記に挙げたような様々な疾患で受診されています。
よくこの病気は漢方がいいのでしょうか? 現代薬がいいのでしょうか? という質問を受けます。どんな病気に対しても漢方は適応になる、と言っても過言ではありません。大切なことは「治すべきは病気ではなくて患者さんの体である」ということです。
どちらが主となり従となるかは病状により異なりますが、現代医学と漢方医学のいい点を組み合わせることで、より良い治療効果を生むことが多いと考えて下さい。こんな病気が漢方で治るだろうか、と悩む前に是非ともご相談下さい。